がんになった時は|胆のうの病気を正しく理解する|外科手術や免疫療法で治療可能
医療

胆のうの病気を正しく理解する|外科手術や免疫療法で治療可能

がんになった時は

聴診器

がんによる症状

現在、日本人の病気による死亡要因に一つとしてがんがあがっています。肺がんや胃がんをはじめ、様々な種類があるがんですが今回は咽頭がんについて紹介をします。咽頭がんは喉に出来るがんです。喉には咽頭と呼ばれる箇所が三つあり、それぞれ上咽頭がん・中咽頭がん・下咽頭がんという名称があり他のがんと同じく体の別の部分に転移し体を蝕んでいく恐ろしい病気でもあります。咽頭がんの主な症状としては声が枯れる、食事をした時にうまく飲み込めない風邪をひいたわけでもないのに喉が腫れているなどが見受けられます。その他、アルコールやタバコなどをよく摂取する人も咽頭がんになりやすい事が明らかになっています。他の病気とは違って痛みを伴わない事も多いため、発見する事がかなり難しい事も証明されています。

早期に防ぎ予防するには

咽頭がんも他の病気と同じように検査をして未然に防ぐことは可能です。主な検査としては医師による触診、レントゲンやMRIなどによる断層撮影があります。また、咽頭鏡という小さな鏡を口の中に入れ映った咽頭を観察するという診断もあります。身近に出来る予防としては、お酒の量を減らし節酒を心がけるうがいや歯磨きを定期的に行い常に口の中を清潔に保つ事が重要です。また、咽頭がんは肺がんと同じくタバコによる原因もあるのでタバコは吸わないもしくは禁煙外来を受診して禁煙をするなどが大切です。その他、虫歯がある人は早めに治療し菌の繁殖を防ぐ野菜を中心にバランスのとれた食事を気にかける事も肝心です。こうした改善を行う事により、発症するリスクを下げる事が出来ます。